1. HOME
  2. ブログ
  3. 結楽がはじまったところ

結楽がはじまったところ

「スタート」をどうやってはじめるか

4人の子どもたちと人生を過ごしてきて、沢山のことに気づきました。

一番私にとって衝撃だったのは、「知ってる」ことと「知らない」ことや

「教わってきたこと」があるかないかで

子育ての自由さも、可能性も、大きく違ってくる。

子どもはもちろん、家族にとっての未来を変えてしまうほど。

それは、持ち得る性格や能力以上に重要かもしれないこと。

 

親子を育んでくれる絆

一人目の子どもを迎えた私は、よくあるママのように

「理想」と「プレッシャー」の中で子育てを始めました。

大概のことは自分でなんでもできるつもりだった私が、

子どもを一人抱えたことで

「なんにもできない人」になったかのような気になりました。

そして、子どもに笑いかけてあげることさえできなくなっていって、

はじめての愛しい子と、やわらかな絆をつくることはかないませんでした。

それもあとになって、「知っていれば…」のスタートラインを知ることになります。

 

自分を知る

そしてなにより自分をしんどくさせたのは、幼い自分の亡霊でした。

子どもが泣いたり眠れなかったりすると、

自分自身が親にされたような反応そのままが出てきてしまう。。

それは、どうみても子どもを傷つけることでしかないのにもかかわらず

自分を止めることができない。

そんな悲しさ悔しさを経験します。

でも本当は、自分ひとりで悩まなくてよかった。

そこから変えていける方法を、教わってなかったのだから。

 

人はどこまでも変われる

沢山迷子になりながら、今でも寄り道をたくさんしながら、

まだまだ毎日が変化を続けています。

それは、自分が助けてもらっていいことを知ったからが大きいし

変化していける方法を教わったからできてる思うし、

子育てってどんなものなのかとか、

人間にとってのスタートって実はもうDNAに設計されてることとか、

いろいろなことを知りながら、「無理」をしなくてよくなったから。

 

頑張らないと楽するは違う

自由というと無責任なようなイメージだったり、

頑張らないが、怠け者のイメージだったりすると

自分ばかりを責めてしまうかもしれないし、

周りのみんなが幸せになれることを逃してしまうかもしれない。

本当はもっと、楽していい。自由でいい。

本当にそうなれたときには、実はそこには、

「自分らしく立つ」

っていう、輝きと力強さしかないとおもうんです。

 

わたしだからできること

自分のちょっと複雑な過去。

今のちょっと変わった生き方。

型にはまらない生き方をしてきた。

そしてそんななかで、ただの変り者ではなくって、

本当の自分らしさと周囲とのバランスを学んできた。

だからもしかしたら、いろいろな人に、

「ふつう」の人にはわかってもらえないようなこととか、

愛想つかされちゃうほど変われない自分とか、

人なんて信じたくなくこもってしまう人とか。

ゆっくり、めいっぱい、どこまでもつきあえる私なんじゃないかって、

思いました。

私には支援は難しい。

幸せに囲まれて生きてきたわけじゃないわたしは、

まだまだ、私自身が癒されたいこといっぱいです(笑)

だから、みなさんを「サポートする」なんて大それたことは言えない。

でも、自分が楽しく、幸せになってきた道を知ってる。

もし、同じような道を後から歩いてくる人がいるなら、

大丈夫だよ、この道で。

って、笑って立っていられたら、ちょっと安心して進めるかなって思いました。

私が、たくさんそんな人たちに導いてもらってきたからかな。

みんながみているその道を

ひとりひとりがみたいその道を

一緒に歩ませていただけたらな。

って思います。

 

結楽のしあわせ

親友のように、いつでも気持ちをこぼせるらく~な場所でありたい。

楽しいが繋がる場所でありたい。

その経験を一緒に味わって一緒に昇華していくことで

私ものびやかに自由になっていけるから。

それが、今の私が感じる「私らしい」幸せです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

カテゴリー